カテゴリー別アーカイブ: 未分類

一宮市における住宅ローン金利上昇時の対策

  • 一宮市における住宅ローン金利上昇時の対策

愛知県一宮市の金融機関の対応のギャップを突き、住宅ローンを借り入れる(借り換える)では住宅ローン金利の上昇にどのように備えれば良いのでしょうか?

リーマンショックのような金融危機が再び起こらない限り、2019年も金利の上昇傾向が継続すると考えており、住宅ローンの利用を検討するなら、早ければ早いほうが良いというスタンスです。

また現在は7割以上のユーザーが変動金利を選択していますが、10年を超える中期固定もしくは20年超の長期固定で借り入れるのが望ましいと考えています。

過去の住宅ローン金利の上昇局面で、返済に窮して物件を手放すことになったユーザーの多くは、変動金利で借り入れたユーザーでした。

現時点では変動金利は全く上昇していませんが、歴史は繰り返すと言われるように、変動金利にリスクがあることは間違いありません。

住宅ローンを借り入れる(借り換える)のであれば、中期もしくは長期固定を是非選択肢の一つとして検討してみてください。

また先程でもご紹介しましたが、住宅ローン金利は金融機関各社で設定が大きく異なります。

例えば本来もっと金利が上がっているべきなのに、この金融機関だけ金利が変わらないというギャップが起こることもあるのです。

このギャップを利用すれば、より良い条件で住宅ローンを借り入れることができます。

有利な条件で借り入れできる住宅ローンを選びましょう。

  • 一宮市における住宅ローン金利上昇時の対策

一部繰り上げ返済をフル活用する

愛知県一宮市で住宅ローン金利の上昇に対して、最も有効な対策は、住宅ローンの一部繰り上げ返済を活用し、早期に住宅ローンを完済することです。

この時、重要になるのが一部繰り上げ返済の単位と手数料です。

例えばフラット35の場合は、一部繰り上げ返済に関しては1回につき100万以上と定められているケースがほとんどです。

対してネット銀行の住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンやじぶん銀行 住宅ローンは、1円単位で一部繰り上げ返済が可能です。

またメガバンクの場合、一部繰り上げ返済手数料を無料としている場合でも、保証料に関してはかかるケースがある点には注意しましょう。

愛知県一宮市で住宅ローンを変動金利で借り入れ(借り換え)、万一の金利上昇の際の対策もしっかりしたいと考えている方は、一部繰り上げ返済の利用のし易さを重視し、住宅ローンを選ぶと良いでしょう。

◆まとめ

今回は住宅ローンの金利上昇要因とその対策と題して、5つの金利上昇要因と、金利上昇時に効果を発揮する2つの対策をお伝えしました。住宅ローン金利の上昇傾向が今後しばらく続くことはまず間違いありません。

愛知県一宮市で住宅購入に伴う住宅ローンの新規借り入れを検討している方はもちろん、愛知県一宮市で住宅ローンの借り換えを検討している方も、金利の上昇要因をしっかり把握した上で、有効な対策を立て、金利が今後さらに上昇したとしても、対処できるようにしておきましょう。

愛知県小牧市で住宅ローンを借りる!

2018年から、住宅ローン金利は明らかに上昇しており、その傾向は2019年も変わりそうにありません。

愛知県小牧市で住宅ローンの新規借り入れを検討している方はもちろん、借り換えを検討している方も金利上昇は気が気でないはず。

愛知県小牧市で注文住宅を建てる場合、この金利上昇に立ち向かうためには、その要因を正しく把握することが大切です。

そして要因が分かれば、その対策も当然見えてきます。

今回は、愛知県小牧市で住宅ローンの金利上昇要因とその対処法と題して、5つの金利上昇要因とその対策をお伝えします。

◆住宅ローンの固定金利の上昇要因

①固定金利は日本国債10年物の金利に注目

住宅ローンには変動金利と固定金利がありますが、実はこの2つの金利上昇要因は異なります。

まずは住宅ローンの固定金利の上昇要因を見ていきましょう。

固定金利の金利上昇要因になるのは、日本国債10年物金利の動向です。

短期金利はもちろん、中期金利、長期金利に関しても日本国債10年物の金利をベンチマークに、金利が変動します。

金利は原則として、期間が短いものほど金利が低く、期間が長いものほど金利が高くなります。

つまり住宅ローンの固定金利は、日本国債10年ものをベースに、金融機関が金利を上乗せし、期間が短いものは低く、期間が長いものは高く設定していると考えれば良いでしょう。

過去5年の日本国債10年ものは、2016年6月がマイナス金利のピークとなり2018年夏を起点に、金利が明確に右肩上がりに上がっており、現在の住宅ローンの金利上昇とリンクしております。

②変動金利は短期プライムレートに注目

住宅ローン変動金利の上昇要因です。

変動金利は固定金利とは異なり、日本国債10年物に連動する訳ではありません。

その証拠に2018年夏を起点に固定金利は上昇していますが、変動金利に関してはほぼ変動していません。

では変動金利は何をきっかけに上昇するのでしょうか?

住宅ローンの変動金利は、短期プライムレートと呼ばれる指標をベースに変動します。

短期プライムレートとは、金融機関が、財務体質が良好で返済不安が全くない一部上場企業などに

短期間貸し出す金利のことです。

例えば、みずほ銀行の最新の短期プライムレートを参考に考えると2018年11月時点での表示は1.475%となっており、じつはこの金利は2009年1月9日から変わっていません。

この金利が店頭表示金利となり、ここから1%程度の優遇金利を設定することで、現在多くの金融機関が変動金利で借り入れの際、提示している0.5%以下の変動金利が実現している訳です。

③米国債の金利動向

ここまでは日本国内の金利上昇要因を解説してきましたが、実は日本の住宅ローン金利が上昇しているのは、その他にも理由があります。

その要因の最たるものが米国債の金利動向です。

日本は国際社会の一員であり、株にせよ、為替、国債の金利にせよ、日本国内の要因だけで決まっている訳ではありません。世界最大の経済大国で世界中の景気に大きな影響を与える米国債の動向によって、日本国債の金利も一定の影響を受けます。

米国は先進国の中で、いち早く量的緩和政策を解除しており、米国債10年もの金利はここ数年で大幅に上昇してます。

2018年夏以降には3%を超えており、日本国債の金利上昇の要因になっています。

短期プライムレートに関してはまだ影響を受けていませんが、長期金利が上昇を続ければ短期プライムレートにも必ず動きが出てくるはずです。

住宅ローンの新規借り入れ、または借り換えを検討されている方は、日本国債の動向に、米国債が影響を与えるということも覚えておくと良いでしょう。

④日銀の政策次第

ここまでは固定金利と変動金利が、それぞれ日本国債10年、短期プライムレートに影響を受けることをお伝えしましたが、この2つの指標が決まる要因は何なのでしょうか?

ここで登場するのが、日本の政策を決める通過の番人「日本銀行」、通称日銀です。

日銀は日本の経済状況をウォッチしながら、政策金利と呼ばれる短期金利を決めます。

この対象となる金利は国によって異なり、日本では無担保コール翌日物レートが、日銀が決定権を持つ金利です。

この金利をベースに銀行は市中での貸出金利を決めます。

つまり、変動金利は無担保コール翌日物レートに最も大きな影響を受けるのです。

長期金利に関しては、日銀が金利の誘導目標を設定しており、この数値によって日本国債10年物が変動します。

日銀は2018年7月末に行われた金融政策決定会合で約1年半ぶりにこの誘導目標を変更、従来までの0から0.1%から、0から0.2%に変動幅を確定しました。

2018年夏を境に金利が急上昇しているのはこのためです。

住宅ローンの金利上昇は、日銀の政策と切っても切り離せない関係にあることは間違いありません。

⑤要注意!金利は期待値で上昇する

住宅ローンの金利上昇要因の最後にご紹介するのは、金利は政策が変更されたという事実だけで上昇するのではなく、期待値によっても上昇するという事実です。

例えば現在の住宅ローン当初固定10年の金利が1%だったとします。

ただ世界中の金利が上昇しており、日本の物価も徐々に上昇していたとします。

この場合、日銀が金融政策を変更しない限り住宅ローンは上昇しないのでしょうかといえば、違います。

住宅ローン金利を最終的に決定するのは、金融機関です。

金融機関が今後金利が上昇する可能性が高いと判断すれば、日銀が金融政策を変更する前に、固定金利も変動金利も上昇する可能性があります。

毎月有力な金融機関の住宅ローン金利の動向を見ていても、ネット銀行はもちろん、メガバンクの間でも住宅ローン金利の設定が同じになることはまずありません。

各金融機関はそれぞれが金利の将来予測を行ったうえで、住宅ローン金利を毎月決めています。

将来の期待値が上向きになった場合、各種要因を無視し、住宅ローン金利が上昇する可能性があるということを覚えておきましょう。

大口町で新築の際の打ち合わせ

2019年(平成31年)は亥年で、動物にあてはめると猪になります。

そこで、いのしし年や猪に関する豆知識をご紹介します。

愛知県大口町で新築の際の打ち合わせ時に、新春の話題としてご活用ください。

◆十二支としての亥について

•十二支の12番目

•亥の方位は、北西よりやや北寄り

•亥の刻は、午後10時およびその前後2時間

•亥の月は、旧暦10月

•陰陽は陰、五行は水気

•日本では亥を動物にたとえると猪ですが、中国、タイ、ベトナムなどでは豚となっています

◆いのしし年(亥年)生まれの特徴

世の中にはさまざまな見解がありますが、いのしし年(亥年)生まれの人の特徴についてまとめると以下のような特徴になります。

辛抱強く根性があり、自我をしっかり持っているので、何事もしっかりとやり遂げますが、頑固で他人の忠告を聞かず自分の意見をはっきる述べる傾向があります。

また、神経質で心配性、飽きっぽいといった一面もありますが、お人好しでさっぱりしているので、友人がたくさんいます。

◆亥という字の成り立ち

亥という字は獣(一説ではイノシシ)の象形文字で、骸(なきがら)、核(たね)の字のように、骨格の表れるような形のものをいいます。

◆「亥の子の日」と亥の子餅

亥の月である旧暦10月の第一亥の日を「亥の子の日」といい、「亥の子祝い」をする風習が西日本にみられます。

亥の子の日の代表的な風習は、「亥の子餅」を食べて子孫繁栄や無病息災を祈ることです。

亥の子餅とは、猪の子に見立てた餅菓子です。

ちなみに、猪の子にはシマウリのようなシマ模様があるので「ウリ坊」という俗称があります。

また、亥は五行で水に関係しているため、火事にならないといわれており、囲炉裏に火を入れ始める「炉開き」や、こたつやストーブを出す「こたつ開き」の習わしがあります。

現在11月に行われている茶の湯の炉開きも、本来は亥の子の日に行われていました。

さらに、子どもたちが石で地面をたたいてもぐらなどを追い払う「亥の子づき」など、各地にさまざまな風習があります。

◆2019年の亥年についての特徴

猪突猛進で突き進むイメージが強いのですが、どんな年になるかというと、イノシシはどんな相手にも向かっていく勇気や冒険の年、イノシシの肉は万病に効くという言い伝えから「無病息災」の年、また新たな生命が宿る年になると言われております。

愛知県大口町で新築をするなら今年がよさそうです。

この生命が宿る年の意味ですが、2017年酉年は「収穫」、 2018年戌年は「枯れる」、2019年亥年は「生命が宿る年」 、そして2020年子年は「芽が出る年」といわれ、2019年亥年は、種をまく時期であり、何か大きなことの準備の年になると言えそうです。

愛知県大口町で新築を始めたり、今年何か始めたことが、来年には、新しく大きなことになると思うとワクワクする1年になりそうですね。

愛知県江南市で注文住宅をお考えの方

さて愛知県江南市で注文住宅をお考えの方は住宅ローンの金利が気になりますよね。

それでは、早速今月発表された各金融機関の今月の住宅ローン金利を見てみましょう。

メガバンク5銀行より発表された2018年1月適用分の住宅ローンです。

以下にご紹介するものは、当初10年間の金利が固定される各行の主流タイプの商品です。

〇三菱東京UFJ銀行…1.05%→1.05%(±0.00%)

〇三井住友銀行…1.05%→1.05%(±0.00%)

〇みずほ銀行…0.80%→0.80(±0.00%)

〇りそな銀行…1.05%→1.05%(±0.00%)

〇三井住友信託銀行…0.70%→0.70%(±0.00%)

今月もメガバンクは、全ての金融機関が金利を据え置きました。

ただし、これは主流商品である当初10年間の金利が固定されるタイプに関してです。

三菱東京UFJ銀行は、30年固定金利を引き上げた以外は、全ての期間の金利を据え置きました。

三井住友銀行は全ての金利を据え置きました。

みずほ銀行に関しては、11年を超える全ての金利を引き上げました。

2018年1月に関しては、全体的な動きではメガバンクによって対応が全く異なりました。

ネット銀行を含む全体的な金融期間の動きですが、多くの金融機関が金利を据え置くか、一部金利を引き上げています。

2017年の住宅ローン金利は不安定な推移が続きましたが、2018年もこの流れを引き継ぐ可能性が高そうです。

では、先月、金利が下がった、固定型住宅ローンの代名詞でもある全期間固定型金利の【フラット35】は

どうなったでしょうか?

住宅金融支援機構(東京都文京区)が民間金融機関と提供するフラット35の2018年1月の適用金利が発表されました。

◆融資率9割以下で返済期間が21年以上35年以下の 主力タイプの金利幅は…

1.36%(前月より+0.02%)~1.99%

と、今月は0.02%ですが、金利を引き上げました。

今月は金利が上がったとは言えフラット35史上低金利継続中となり、魅力的なサービスを提供中です。

◆融資率9割以下で返済期間が20年以下の金利幅は以下の通りです。

1.30%(前月より+0.03%)~1.93%

と、中期に関しても金利は引き上げました。

◆融資率が9割超で返済期間が21年から35年以下のタイプの金利幅は…

1.80%~2.43%

◆融資率9割超で返済期間が20年以下のタイプの金利幅は…

1.74%~2.37%

以上のようになっています。

フラット35に関しては、全体的に約0.03%金利が引き上げられました。

ここ数か月、フラット35は、金利の上げ下げを繰り返しておりますが、今月は上がる月でした。

今後は、経済動向からフラット35も不透明な状況ですが、フラット35に関しては、急激に上昇することはないので、住宅ローンを検討している方にとっては今の時期がチャンスといえます。

住宅ローン金利の動向を総括すると、多くの金融機関が金利を据え置くか、一部金利を引き上げています。

また、金融機関によって全く対応が異なる珍しい月になりました。

2018年1月の住宅ローン金利の基準となる2017年12月も金利が乱高下しており、2018年も金融機関各社は住宅ローン金利の設定に頭を悩ませることになりそうです。

去年1年間ずっと住宅ローン金利は動向が読めず、リスクが高いという事を言い続けてきましたが、2018年も同様にリスクが高い1年になると考えています。

愛知県江南市で住宅ローンの借り入れもしくは借り換えを検討されている方は、万一の金利上昇リスクに備えることができる、住宅ローン商品を選ぶと良いでしょう。

変動金利の低さは大きな魅力ですが、変動金利で借り入れる場合、金利が本格上昇する前の借り換えを、固定金利で借り入れる方は、10年固定やフラット35の利用するのがオススメです。

また、住宅価格の動向を見ると、ここ数ヶ月頭打ちになっています。

今後住宅価格がさらに上昇するのか、下落するのかの予想は困難ですが、価格が大幅下落する可能性は低いでしょう。

愛知県江南市で住宅を購入する上で重要なのは、物件価格と住宅ローン金利の状況をトータルで考え、無理なく返済できるかどうかです。

これから住宅の購入を検討しているという方はもちろん自身が借り入れた際と比較すると、今現在、金利が低いという方も、総返済額がどうなるかをしっかり考え、住宅ローンの借り入れもしくは借り換えを

検討してみてはいかがでしょう。

そして今後の不透明な金利状況の可能性を考えると、フラット35は、借入時から完済時まで全期間固定型の住宅ローン商品なので、今借り入れた方は35年後の完済時までずっと低金利の恩恵を受けられる…というメリットがあります。

いくら借入時の金利がいくら低くても、何年後かには住宅ローンの返済に追われる生活…そうなってしまっては元も子もありません。

目先の数字にとらわれず、しっかりとそれぞれの住宅ローン商品のメリット/デメリットを理解し、家族のライフプランに合った住宅ローンを選択しましょう!!

さて全体的に金利があがりましたが歴史的な低金利を継続しており、2018年1月も住宅ローンの金利は低水準です。

特に住宅ローンの借り換えを検討している方にとって、今月が絶好のタイミングであることは間違いありません。

愛知県江南市の注文住宅で【フラット35】の利用を予定している方、住宅ローンの新規利用・借り換えをお考えの方など、いずれにしても、早めに行動へ移すことをお勧めします!!

愛知県犬山市で家を建てる人

愛知県犬山市で家を建てる人にお話ししますが、2018年は、戌年です。

子・丑・寅ではじまる十二支のサイクル。

2018年は「戌」です。

古代中国の暦がもとになっており、日本でもはるか弥生時代から使われていたそうです。

十二支はやがて、方角や時刻、日づけを表すようにもなっていきます。

人々の生活単位になっていたこの暦を少しでもわかりやすくしようと、動物にあてはめて表現するようになったのは紀元前4~2世紀の中国のことです。

子はねずみ、丑は牛、そして戌には「犬」があてられました。

2018年を象徴する動物は、犬なのです。

この戌年、十二支のうち、11番目にあたります。

もう少しで十二の暦がひとめぐりしようという頃で、季節でいうと晩秋に例えられます。

それは、これまで時間をかけて育ててきた作物を収穫する時期です。

そして、戌年は「結実」を表す年でもあるのです。

ビジネス、勉強、家庭での取り組み、人間関係……

これまで続けてきたさまざまな取り組みに、きっと良い結果が表れる年になるでしょう。

努力が報われる、形になるのが、戌年なのです。

また一方で戌年は、収穫を終えて、ひとつ息をつく季節でもあります。

いままで築いてきたものに対して、よし、という結果を得たら、気持ちを切り替えましょう。

戌年はまた、次なるステップへの準備の年とも位置づけられています。

なにかをがらりと変えるための、仕込みの年なのです。

戌年の次、2019年は十二支の最後である亥年です。

そして2020年は子年から、再び新しい十二支が始まります。

2020年にどうありたいのか、なにをしたいのか、それを考えて動き始め、種を撒きはじめる。

2018年はそんな年にもしたいものです。

犬はあらゆる動物の中でも、人間とのつきあいが最も古いといわれています。

縄文時代の遺跡からも犬の骨が出土しています。

愛知県犬山市でも、犬はオオカミを家畜化させたものですが、狩猟のパートナーとして、家を守る番犬として、そして友人であり家族として、人間の暮らしを支えてきた存在ともいえるでしょう。

そんな犬は、安産かつ多産なことでも知られています。

愛知県犬山市では、そのため妊婦の守り神としても愛されてきました。

妊娠5か月めの戌の日には「帯祝い」を行なう風習があります。

神社にお参りをしてお祓いを受けた帯を、赤ちゃんの宿ったお腹に巻くというものです。

安産のおまじないであると同時に、お腹の中の赤ちゃんの位置を安定させるものでもあります。

この帯祝い、戌の日の、戌の刻(19~21時頃)に行なうという念入りなご家庭もあるそうです。

であるなら、やはり戌年に出産したいと思うものです。

子育てや安産にご利益のある神社やお寺は日本全国にありますが、実際に戌年はどこも賑わうといいます。

新しい命を授かるには、格好の年ともいえるのです。

また、愛知県犬山市ではお宮参りのときなど、赤ちゃんがはじめて世間や社会に出るときには、その額に犬の字を書く風習もあります。

犬の子はすくすく元気に育つことにあやかっているのです。

魔除けのおまじないでもあります。

赤ちゃんがたくましく育つようにと、江戸時代からの習わしで犬の姿をした置物である犬張子を送ることもあります。

犬は新しい命を見守ってくれる身近な動物と考えられてきたからです。

物事の結実と、新しい出発、誕生。

戌年とは、そんな1年なのです

住宅ローンの返済額は年収の2割が理想らしい

愛知県大口町で我が家が夢のマイホームを購入して早13年。
当時、旦那も私もまだギリギリ20代でした。
結婚して子供ができるまでは共働きでしたが、結婚して2年間で頭金の600万円を貯めました。
私のお給料を、ほぼまるまる貯金した形になります。
今から考えると、とても良く頑張ったんだな~と思います。

タイトルの「住宅ローンの返済額は年収の2割が理想」とのことですが、マイホーム購入当時の年収は旦那と私の2人分で700万ちょっとでした。
しかしマイホーム購入後、直ぐに妊娠が分かったので私は退職しました。
旦那一人の年収から考えると、理想の2割という数字からは大きくはみ出してしまいます。

金利のことも考え、購入から5年後に借り換えをしました。
愛知県大口町でも金利がとても低くなったので、毎月の返済額が1万円近く少なくなりました。
生活に少し余裕がでました。
そしてその後旦那の年収も少しずつ上がってくれ、今では返済額は理想の2割を切れるようになりました。
今は繰り上げ返済に備えて、毎月貯金しています。
愛知県大口町で生活しながら、少しでも早く完済できるように、頑張りたいと思います

住宅ローンの金利はとてもシビアです

愛知県江南市で家づくりをする場合、住宅ローンの金利等を銀行やインターネットのサイト等で見ていると、一般的な金利に比べてとてもお得な感じがしますよね。

変動金利なんて0.9%とかもう全然利子がつかないのではないかと思う人もいらっしゃいます。

ですが、合計金額がとても大きな住宅の場合はたったそれだけでも金利として支払う金額はとても大きくなります。

もし3000万円の家をフラット35で金利1%で借りた場合の総返済額は約3556万円となり、たかだか1%の利子ですら556万円も多く支払わなくてはいけません。

正直556万円あれば何ができるでしょうか。

と思うと本当に残念な現実ですよね。

しかもこれはかなり安く見積もっています。

フラット35の固定金利型は正直1%の金利なんて見た事ないですよね。

一般的には将来もずっと変わらない金利はどうしても銀行側もリスクが高いので、金利を多少なり高く設定して将来的に損をしない様にしてあります。

なのでこの1%の金利は一般的な変動金利の金利といえます。

その他にも団体生命保険等の加入をしなくてはいけないのがフラット35です。

強制ではありませんが、もし何かあった時に家を手放したくなければ入っておく方が無難といえます。

なのでこれを考えるとずっと賃貸と住宅どちらがお得なのかが本当に難しい所ですよね。

どうせなら固定金利が良い

住宅ローンの種類は大きく分けますと変動金利と固定金利がありますよね。

これは一般的にどちらが良いともいえませんし、どちらがお得というのもいえません。

これはある意味で永遠のテーマともいわれています。

愛知県一宮市で注文住宅を建てる場合、実際に色々な本や専門家の方々がどちらの方がお得という様な話し合いをしていたりしますが、実際決まった答えをいうのはバラバラでプロでも判断が難しいのがこの住宅ローンなんですよね。

ですが私個人の考えですと、絶対固定金利の方が良いと思います。

それは払い終わるまでずっと金額が変わらないからです。

これは普通のローンの支払いなら当たり前だと思いますが、住宅ローンではこれは大きな意味を持つのです。

変動金利の特徴は今現在の金利は固定金利よりも安いですが、将来的には高くなる可能性を秘めてますよという事になります。

ですが、今現在の金利が安いので住宅ローンの幅が広がるといいますか、住宅ローンを組める金額が上がるんですよね。

愛知県一宮市で注文住宅を建てる場合、住宅ローンでの支払いを計算する時は支払い年数で計算しますが、単純に固定金利の今の金利と変動金利の金利を比べると同じ3000万円の住宅を購入するとして、固定金利を2%、変動金利を0.9%で計算すると35年払いで固定金利の支払いは99000円なのに対して変動金利は83000円で済むのです。

となるともしこの月々99000円が支払えるギリギリのラインだった場合は、変動金利でもう少し高い住宅のローンを組む事ができてしまうという訳です。

逆に金額はそのままで目先のローンの出費を抑えるという事もできるのです。

なのでその場しのぎとしてもかなり有効活用ができるのが変動金利なのですね。

逆に固定金利はそういう考えは一切ありませんので、ずっと同じ支払いを終わるまで続けるだけのシンプルなものです。

ですが、愛知県一宮市で注文住宅を建てる場合、その分将来的にお金を多く支払う可能性等も無いので、日々金利等を心配する必要も無いんですよね。

なので心に何か引っかかりがあると嫌だという方には安心として当初高くてもお勧めだと私は思います。

住宅ローンは繰り上げ返済を活用する

住宅ローンは長期間にわたって返済していかなければならないローンです。35年ローンですと、人生に半分近く返済していかなければならないとも言えます。しっかりと返済していくためには毎月の返済を確実にこなしていくことは最低限必要となります。

しかし、毎月の返済を確実に行っていく過程で返済に回すことができる余剰資金ができた場合には繰り上げ返済を積極的に利用しましょう。繰り上げ返済を利用することで総返済額を大幅に減らすことができますし、同時に返済期間の大幅に短縮することができますので、利用しないという選択肢はありません。

繰り上げ返済がなぜ住宅ローン返済に有利かといえば、繰り上げ返済で返済した金額はすべて元本に充当されるからです。通常の返済では返済額はすべてが元本の返済に充当されるわけではなく、利息分を差し引いた金額が元本に充当されますから元本は大きく減ることはないからです。

繰り上げ返済を利用して住宅ローンの早期返済を目指しましょう。

マンション購入での住宅ローン選び

我が家がマンションを購入するとなった時に、住宅ローン審査がありました。

大手銀行と地元の地方銀行と両方で住宅ローン審査してもらったのですが、主人は勤続年数も年収も、全く問題なかったようでどちらもパスしました。

だからローンを申し込むのはどちらにするか、と悩んだのですが結局決めたのは地方銀行でした。

大手も大手で魅力的でしたが、やはり銀行手数料や金利の問題となると地方銀行の方が良かったんです。

それに、マンション販売の担当者の方からその地方銀行は信頼できるとお勧めされたのもあって決めました。

ローンは、毎月の負担ですから出来るだけ安くなる方が良いに決まってます。

ローンだけじゃなくて、住んだら結局はマンションの管理費も支払うから結構キツくなっちゃうのも考えました。

今では、大手銀行のローンに通ったという嬉しさを優先しなくて良かったと主人も言っています。

選んだ地方銀行は地域にたくさんあるし、人も親切だし、近いから気軽で繰り上げ返済の相談もしやすいのです。

もちろん繰り上げ返済の時の銀行手数料も大手より安いですし。

人それぞれだとは思うけど我が家は地方銀行のローンに決めて良かったと思います。