カテゴリー別アーカイブ: 未分類

住宅ローンは繰り上げ返済を活用する

住宅ローンは長期間にわたって返済していかなければならないローンです。35年ローンですと、人生に半分近く返済していかなければならないとも言えます。しっかりと返済していくためには毎月の返済を確実にこなしていくことは最低限必要となります。

しかし、毎月の返済を確実に行っていく過程で返済に回すことができる余剰資金ができた場合には繰り上げ返済を積極的に利用しましょう。繰り上げ返済を利用することで総返済額を大幅に減らすことができますし、同時に返済期間の大幅に短縮することができますので、利用しないという選択肢はありません。

繰り上げ返済がなぜ住宅ローン返済に有利かといえば、繰り上げ返済で返済した金額はすべて元本に充当されるからです。通常の返済では返済額はすべてが元本の返済に充当されるわけではなく、利息分を差し引いた金額が元本に充当されますから元本は大きく減ることはないからです。

繰り上げ返済を利用して住宅ローンの早期返済を目指しましょう。

マンション購入での住宅ローン選び

我が家がマンションを購入するとなった時に、住宅ローン審査がありました。

大手銀行と地元の地方銀行と両方で住宅ローン審査してもらったのですが、主人は勤続年数も年収も、全く問題なかったようでどちらもパスしました。

だからローンを申し込むのはどちらにするか、と悩んだのですが結局決めたのは地方銀行でした。

大手も大手で魅力的でしたが、やはり銀行手数料や金利の問題となると地方銀行の方が良かったんです。

それに、マンション販売の担当者の方からその地方銀行は信頼できるとお勧めされたのもあって決めました。

ローンは、毎月の負担ですから出来るだけ安くなる方が良いに決まってます。

ローンだけじゃなくて、住んだら結局はマンションの管理費も支払うから結構キツくなっちゃうのも考えました。

今では、大手銀行のローンに通ったという嬉しさを優先しなくて良かったと主人も言っています。

選んだ地方銀行は地域にたくさんあるし、人も親切だし、近いから気軽で繰り上げ返済の相談もしやすいのです。

もちろん繰り上げ返済の時の銀行手数料も大手より安いですし。

人それぞれだとは思うけど我が家は地方銀行のローンに決めて良かったと思います。

変動金利も今では色々な種類がある

住宅ローンは大きく分けますと、固定金利と変動金利の2つですね。

それぞれ一長一短あると思いますが、ここ最近はこれらの2つを入り混ぜた住宅ローンも販売されてますよね。

それが10年固定型、5年固定型といった様な種類ですよね。

これらは早い話が銀行側がリスクを背負いきれないが為に生まれたローンといえます。

銀行はどうしても金利で食べていくしかない業種となりますので、世の中の金融状況はどうしても敏感に反応しないとやっていけません。

なので正直住宅金融機構が行っている様な35年全固定型のフラット35を銀行だけでやるにはどうしてもリスクが高く中々販売出来ないんですよね。

今は過去に類を見ない位住宅ローンのバーゲンが続いております。

なので今現在は下がる所まで下がっているといってもいい状態なのです。

なのでいつかは確実に上がる日がくるのが大体の方の予想であるので、となると今の金利バーゲンセールの時の金利をずっと固定型で販売する事なんて銀行からしたらどうしてもできないんですよね。

なので最初の数年間は固定にしますけど、それ以降は変動金利にしますよ。

という住宅ローンを販売しているんですよね。

本来であれば銀行はリスクをとても嫌いますので、固定型での販売はしたくないのが現実だと思いますが、ですがそうでもしていかないと住宅ローンを組んでくれないので仕方なく販売しているのが本音です。

なので、客観的に考えると銀行側が販売したくないと思っている固定金利の方が消費者的には安心だといえると思います。

ですが変動金利はとにかく銀行も力を入れているので、色々な銀行でもこの変動を勧められる事が多いですよね。

ですが住宅ローンは自分がずっと付き合っていくローンですので、人任せにしないでしっかりと自分で決めていきましょう。

どうせなら固定金利が良い

住宅ローンの種類は大きく分けますと変動金利と固定金利がありますよね。

これは一般的にどちらが良いともいえませんし、どちらがお得というのもいえません。

これはある意味で永遠のテーマともいわれています。

実際に色々な本や専門家の方々がどちらの方がお得という様な話し合いをしていたりしますが、実際決まった答えをいうのはバラバラでプロでも判断が難しいのがこの住宅ローンなんですよね。

ですが私個人の考えですと、絶対固定金利の方が良いと思います。

それは払い終わるまでずっと金額が変わらないからです。

これは普通のローンの支払いなら当たり前だと思いますが、住宅ローンではこれは大きな意味を持つのです。

変動金利の特徴は今現在の金利は固定金利よりも安いですが、将来的には高くなる可能性を秘めてますよという事になります。

ですが、今現在の金利が安いので住宅ローンの幅が広がるといいますか、住宅ローンを組める金額が上がるんですよね。

住宅ローンでの支払いを計算する時は支払い年数で計算しますが、単純に固定金利の今の金利と変動金利の金利を比べると同じ3000万円の住宅を購入するとして、固定金利を2%、変動金利を0.9%で計算すると35年払いで固定金利の支払いは99000円なのに対して変動金利は83000円で済むのです。

となるともしこの月々99000円が支払えるギリギリのラインだった場合は、変動金利でもう少し高い住宅のローンを組む事ができてしまうという訳です。

逆に金額はそのままで目先のローンの出費を抑えるという事もできるのです。

なのでその場しのぎとしてもかなり有効活用ができるのが変動金利なのですね。

逆に固定金利はそういう考えは一切ありませんので、ずっと同じ支払いを終わるまで続けるだけのシンプルなものです。

ですがその分将来的にお金を多く支払う可能性等も無いので、日々金利等を心配する必要も無いんですよね。

なので心に何か引っかかりがあると嫌だという方には安心として当初高くてもお勧めだと私は思います。

住宅ローンの金利はとてもシビアです

住宅ローンの金利等を銀行やインターネットのサイト等で見ていると、一般的な金利に比べてとてもお得な感じがしますよね。

変動金利なんて0.9%とかもう全然利子がつかないのではないかと思う人もいらっしゃいます。

ですが、合計金額がとても大きな住宅の場合はたったそれだけでも金利として支払う金額はとても大きくなります。

もし3000万円の家をフラット35で金利1%で借りた場合の総返済額は約3556万円となり、たかだか1%の利子ですら556万円も多く支払わなくてはいけません。

正直556万円あれば何ができるでしょうか。

と思うと本当に残念な現実ですよね。

しかもこれはかなり安く見積もっています。

フラット35の固定金利型は正直1%の金利なんて見た事ないですよね。

一般的には将来もずっと変わらない金利はどうしても銀行側もリスクが高いので、金利を多少なり高く設定して将来的に損をしない様にしてあります。

なのでこの1%の金利は一般的な変動金利の金利といえます。

その他にも団体生命保険等の加入をしなくてはいけないのがフラット35です。

強制ではありませんが、もし何かあった時に家を手放したくなければ入っておく方が無難といえます。

なのでこれを考えるとずっと賃貸と住宅どちらがお得なのかが本当に難しい所ですよね。

住宅ローンの返済額は年収の2割が理想らしい

我が家が夢のマイホームを購入して早13年。
当時、旦那も私もまだギリギリ20代でした。
結婚して子供ができるまでは共働きでしたが、結婚して2年間で頭金の600万円を貯めました。
私のお給料を、ほぼまるまる貯金した形になります。
今から考えると、とても良く頑張ったんだな~と思います。

タイトルの「住宅ローンの返済額は年収の2割が理想」とのことですが、マイホーム購入当時の年収は旦那と私の2人分で700万ちょっとでした。
しかしマイホーム購入後、直ぐに妊娠が分かったので私は退職しました。
旦那一人の年収から考えると、理想の2割という数字からは大きくはみ出してしまいます。

金利のことも考え、購入から5年後に借り換えをしました。
金利がとても低くなったので、毎月の返済額が1万円近く少なくなりました。
生活に少し余裕がでました。
そしてその後旦那の年収も少しずつ上がってくれ、今では返済額は理想の2割を切れるようになりました。
今は繰り上げ返済に備えて、毎月貯金しています。
少しでも早く完済できるように、頑張りたいと思います