一宮市における住宅ローン金利上昇時の対策

  • 一宮市における住宅ローン金利上昇時の対策

愛知県一宮市の金融機関の対応のギャップを突き、住宅ローンを借り入れる(借り換える)では住宅ローン金利の上昇にどのように備えれば良いのでしょうか?

リーマンショックのような金融危機が再び起こらない限り、2019年も金利の上昇傾向が継続すると考えており、住宅ローンの利用を検討するなら、早ければ早いほうが良いというスタンスです。

また現在は7割以上のユーザーが変動金利を選択していますが、10年を超える中期固定もしくは20年超の長期固定で借り入れるのが望ましいと考えています。

過去の住宅ローン金利の上昇局面で、返済に窮して物件を手放すことになったユーザーの多くは、変動金利で借り入れたユーザーでした。

現時点では変動金利は全く上昇していませんが、歴史は繰り返すと言われるように、変動金利にリスクがあることは間違いありません。

住宅ローンを借り入れる(借り換える)のであれば、中期もしくは長期固定を是非選択肢の一つとして検討してみてください。

また先程でもご紹介しましたが、住宅ローン金利は金融機関各社で設定が大きく異なります。

例えば本来もっと金利が上がっているべきなのに、この金融機関だけ金利が変わらないというギャップが起こることもあるのです。

このギャップを利用すれば、より良い条件で住宅ローンを借り入れることができます。

有利な条件で借り入れできる住宅ローンを選びましょう。

  • 一宮市における住宅ローン金利上昇時の対策

一部繰り上げ返済をフル活用する

愛知県一宮市で住宅ローン金利の上昇に対して、最も有効な対策は、住宅ローンの一部繰り上げ返済を活用し、早期に住宅ローンを完済することです。

この時、重要になるのが一部繰り上げ返済の単位と手数料です。

例えばフラット35の場合は、一部繰り上げ返済に関しては1回につき100万以上と定められているケースがほとんどです。

対してネット銀行の住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンやじぶん銀行 住宅ローンは、1円単位で一部繰り上げ返済が可能です。

またメガバンクの場合、一部繰り上げ返済手数料を無料としている場合でも、保証料に関してはかかるケースがある点には注意しましょう。

愛知県一宮市で住宅ローンを変動金利で借り入れ(借り換え)、万一の金利上昇の際の対策もしっかりしたいと考えている方は、一部繰り上げ返済の利用のし易さを重視し、住宅ローンを選ぶと良いでしょう。

◆まとめ

今回は住宅ローンの金利上昇要因とその対策と題して、5つの金利上昇要因と、金利上昇時に効果を発揮する2つの対策をお伝えしました。住宅ローン金利の上昇傾向が今後しばらく続くことはまず間違いありません。

愛知県一宮市で住宅購入に伴う住宅ローンの新規借り入れを検討している方はもちろん、愛知県一宮市で住宅ローンの借り換えを検討している方も、金利の上昇要因をしっかり把握した上で、有効な対策を立て、金利が今後さらに上昇したとしても、対処できるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です